Home    

機関車トーマス

Filed in

dsc_0130.jpg

その昔、フジテレビのポンキッキーズという子供番組で「機関車トーマス」というイギリス制作の子供向け番組がありました。

現在は、番組もBSでの放送に変わってしまい、トーマスのコーナーもなくなってしまったようです。

この番組を今見てみるとなぜ、日本でこれに類する物が作られなかったのかが不思議です。

電車という観念から行けば、日本の方が種類も多いですし、色々と作り様はあった気がするのですが・・・。

確かに、主人公には、困りそうです。

本来なら「新幹線」をと考えがちですが、新幹線を主人公にすると他の電車との関係が難しくなります。

そもそも論としては、JRなのか私鉄なのかはたまた地下鉄なのか・・・沢山ありすぎるというのも考え物かもしれません。

フジテレビには頑張って子供向けの電車アニメを作ってもらいたいものです。

三陸鉄道

Filed in 未分類

三陸鉄道は、1981年に会社を設立し、1984年から運転を開始した「北リアス線」と「南リアス線」からなる鉄道です。

通称「三鉄」

元々は、国鉄が開通するはずですが、国鉄の赤字やそれに伴う民営化に際して、開通を断念しました。

しかし、地元の強い要望により岩手県と沿線の各市町村が協力して、第三セクターとして三陸鉄道株式会社を設立しました。

国鉄時代に線路等一部は完成していたので、設立した会社が引き継ぎ工事を行い、開通をしました。

開通した区間は、北リアス線の久慈-宮古間と南リアス線の釜石-盛間です。

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震の津波により壊滅的な被害を受け、運転のめどが立たなくなりました。

あれから3年、今年2014年4月に三鉄は、全線運行を再開します。

三鉄は、お座敷列車の運行や昨年ヒットした「あまちゃん」の舞台ともなりました。

あまちゃんでは、海をバックに可愛らしい列車が印象的でした。

その他、企画列車として「こたつ列車」も企画しており、久慈から田野畑までの区間で約50分程度の旅ですが、ナマハゲなどのイベントやおいしいお弁当などが準備されています。

すでに、企画は終了していますが、これからも楽しい企画をしてくれるでしょう。

そんな、三鉄ですが、2011311日の東北地方太平洋沖地震の津波により壊滅的な被害を受け、運転のめどが立たなくなりました。

 三鉄

あれから3年、今年20144月に三鉄は、全線運行を再開します。

 

ゆりかもめ

Filed in 未分類

都内でも珍し、タイヤのついた電車「ゆりかもめ」


1995年に新橋‐有明間を結ぶ、電車として開業しました。


開業当初は、収益面に不安があるなどと言われてましたが、現在は、お台場にフジテレビがくるなどイベントやレジャーランドなどがあり、順調に収益をあげている様です。

http://www.assuka.com/


ゆりかもめは、乗ると分かりますが、普通の電車とは、ちょっと違います。


まず、音が違います。


これは、通常の電車と違い、レールの上を走っているのではなく、タイヤで走っているからです。


「案内軌条式鉄道」と言う難しい名前がありますが、要は、タイヤで走ってます。


もう一つ、社内の間取りがちょっと違います。


通常であれば、窓際に長椅子があったりするのですが、2人掛け席と窓際の長椅子が混在しております。


多分、社内が狭いので、苦肉の策でこの様にしたのではないかと思いますが、ちょっと座り難いかもです。


路線としては、フジテレビやテレコムセンターなどの会社員の通勤として、ヴィーナスフォートなどの商業施設への買い物、展示会場への足として、色々な人たちが利用する路線です。


途中のレインボーブリッジを通る際は、東京湾がきれいに見えます。


夜などは、イルミネーションもきれいです。


お台場で仕事をしている方には、申し訳ないのですが、ゆりかもめは、どうしても「観光」的な要素が強い電車だと思います。


もう少し料金が安いといいのだが。



新幹線

Filed in 未分類
日本に住んでいるなら、電車は必須


だれでも、1度は電車に乗っているはず。


そんな日本人にとって当たり前の乗り物「電車」を色々と紹介していきます。


但し、特に「乗り鉄」でも「撮り鉄」でもないので、情報は、うる覚え、聞きかじりが中心です。


一番最初にご紹介するのは、「新幹線」


日本が誇るスーパートレインです。


新幹線は、東京-大阪間を結ぶものとして、1964年10月1日に開業しました。


東京オリンピックが同年10月10日開催なので、本当にオリンピックに合わせて開業した事が分かります。


新幹線と言えば、丸い鼻の「こだま」を思い出すのですが、歴代の新幹線の顔は、どんどんと先鋭化した時代から、空気抵抗を考慮した現在の鼻が延びた形状へと変化していきます。


個人的には、尖がった鼻に細い目の「ひかり」が好きでした。


今は、なくなりましたが、昔は、食堂車があり、この食堂車で食事するのが憧れでしたが、残念ながら経験する事無く廃止されてしまいました。


東海道新幹線から始まる「新幹線」の歴史ですが、現在は、「東北新幹線」「上越新幹線」「北陸新幹線」「山陽新幹線」「九州新幹線」と仲間たちも増えており、海外では、台湾で同じ規格の新幹線が運行されている。


今後、世界のどこかで新幹線が走る可能性は、高いのではないでしょうか


あとは、コストでしょうか






銀座線

Filed in 未分類
地下鉄と言えば、「銀座線」です。


なぜ、「銀座線」かと言えば、日本で初めての地下鉄は、この「銀座線」だからです。


歴史としては、1927年に浅草-上野間で開業したのが始まりです。


浅草‐上野なんてと思うかもしれませんが、昭和で言えば2年、リンドバーグがニューヨーク‐パリ間を横断した年でもあります。


現在の地下鉄は、色で識別できるようになっており、銀座線は、オレンジ上野から更に線路は延びて、渋谷まで運行しております。


この銀座線ですが、さすがに日本第一号だけあって、東京の主要な名所をカバーしており、この路線に乗って「ぶらり途中下車」でもすれば、東京の観光は出来てしまいそう。


まずは、言わずと知れた「浅草」

「稲荷町」で降りれば、かっぱ橋でのショッピング。

東京の北陸からの玄関、「上野」恩賜公園で西郷さんとお花見出来ます。

「末広町」又は「神田」で降りて、秋葉原へ。

「三越前」から「銀座」までは、お買い物に便利なデパートが一杯。

「新橋」で一杯、サラリーマン気分を。

「赤坂見附」「青山一丁目」「外苑前」「表参道」でショッピングから夜の高級店まで。

「渋谷」で、最新の若者文化に。


浅草から始まる江戸情緒が降りて見れば、東京の最新ファッションの渋谷へ。


中々乗りごたえのある、路線だと思います。