Home    

ローソンにしか見えない駅!?

Filed in 駅

駅舎がパッと見ただのコンビニにしか見えない駅が話題になっています。

 

この駅は長良川鉄道関口駅なんだけど、見た目は普通にローソンです。

看板の右側に一応「関口駅」と書かれているけど、パッと見駅には全然見えないです~(笑)

 

長良川鉄道の関口駅は、1952(昭和27)年に開業した古い駅舎で、駅員が1人勤務そして駅舎内には喫茶店があったみたいです

 

しかし喫茶店の経営者が、高齢を理由に店舗を閉店してしまいました。

 

長良川鉄道が次に駅舎内へ入ってくれる業者を募集したところ、ローソンが名乗り出て、ローソンが入るタイミングで駅舎を建て直そう!という話になり、2013(平成25)年8月に現在のローソン兼長良川鉄道関口駅が誕生したという事みたいです

 

他のローカル線もこうやってコンビニが立て直すことで、駅や町全体が活性化の可能性が注目されているんです。

 

関口駅にがある長良川鉄道は、車窓から長良川を見る事が出来て、ゆったりとしたローカル線の旅を楽しめるんですね。

 

駅がローソンを誘致する事によって、旅客運賃以外の収入が入ってくるメリットがあるんで、他の駅も積極的にテナントの誘致を募集しているみたいです

 

田舎に行くと駅って本当にさびれていて、大体田舎の人たちは車で移動する車社会なんで、大体国道沿いが栄えていて、最近だと道の駅っていう、ドライブインみたいなお店が賑わっていたりして、電車の駅は本当にさみしい感じになっている事が多いので、こうやってお店を増やして地元の人が集まるコンビニや喫茶店とかで地域活性化してほしいなって思います。

  2453.jpg

インターネット時代

Filed in 時代

昔のインターネットは凄く遅く、今では考えられない位遅かったですね。

しかし遅かったのはインターネットだけではなくで、パソコン自体も遅かったんで、何かの作業するでも、パソコンの処理が追いつかなくて、インターネットも、昔は画像一つ開くのに1分位かかっていたんで、今の一瞬で写真が開いたり、動画がスムーズに映像が流れるのも当時は考えられなかったですね。

最初は1993年に国内で商用のインターネットサービスが開始されて、ダイヤルアップ接続で一般電話回線でインターネットに接続出来ました。

その後1999年頃にはテレホーダイサービスのデジタル化で、ISDN回線が普及しました。
そして翌年2000年にはNTTの「フレッツADSL」や「Yahoo !BB」などが、ADSL事業を開始し、この頃にはかなりインターネットの性能が上がっていました。

2003年には光ファイバーを直接一般家庭に引き込むサービスが開始され、この頃にはもう既にパソコンは会社用だけではなくなり、一般家庭にもパソコンやインターネットが普及しました。
現に、うちの親も昔はパソコンのスイッチはどこにあるかも分からなかったのに、今じゃテレビをつけながら、フジテレビのインタネットチャンネルを見ています。フジテレビのNEXTオリジナルドラマはもちろん、若者の好きなライブ番組も好きになったって言うんです。

img_2317.jpg


時代ですね!

パソコンがここまで普及するとは思わなかったなー

しかもちょうどISDNが普及し始めていたころには、かなりパソコン向けのサービスも、インターネット向けのサービスも普及していき、ISDNからADSLに乗り換える人が多発しました。

会社のネット環境は、ルーターが最悪なんで、会社ではインターネットが不安定でほとんど見られないです。仕事にも障害が出るので、速く新しいものが欲しいです!!



機関車トーマス

Filed in キャラクター

dsc_0130.jpg

その昔、フジテレビのポンキッキーズという子供番組で「機関車トーマス」というイギリス制作の子供向け番組がありました。

現在は、番組もBSでの放送に変わってしまい、トーマスのコーナーもなくなってしまったようです。

この番組を今見てみるとなぜ、日本でこれに類する物が作られなかったのかが不思議です。

電車という観念から行けば、日本の方が種類も多いですし、色々と作り様はあった気がするのですが・・・。

確かに、主人公には、困りそうです。

本来なら「新幹線」をと考えがちですが、新幹線を主人公にすると他の電車との関係が難しくなります。

そもそも論としては、JRなのか私鉄なのかはたまた地下鉄なのか・・・沢山ありすぎるというのも考え物かもしれません。

フジテレビには頑張って子供向けの電車アニメを作ってもらいたいものです。

三陸鉄道

Filed in 鉄道

三陸鉄道は、1981年に会社を設立し、1984年から運転を開始した「北リアス線」と「南リアス線」からなる鉄道です。

通称「三鉄」

元々は、国鉄が開通するはずですが、国鉄の赤字やそれに伴う民営化に際して、開通を断念しました。

しかし、地元の強い要望により岩手県と沿線の各市町村が協力して、第三セクターとして三陸鉄道株式会社を設立しました。

国鉄時代に線路等一部は完成していたので、設立した会社が引き継ぎ工事を行い、開通をしました。

開通した区間は、北リアス線の久慈-宮古間と南リアス線の釜石-盛間です。

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震の津波により壊滅的な被害を受け、運転のめどが立たなくなりました。

あれから3年、今年2014年4月に三鉄は、全線運行を再開します。

三鉄は、お座敷列車の運行や昨年ヒットした「あまちゃん」の舞台ともなりました。

あまちゃんでは、海をバックに可愛らしい列車が印象的でした。

その他、企画列車として「こたつ列車」も企画しており、久慈から田野畑までの区間で約50分程度の旅ですが、ナマハゲなどのイベントやおいしいお弁当などが準備されています。

すでに、企画は終了していますが、これからも楽しい企画をしてくれるでしょう。

そんな、三鉄ですが、2011311日の東北地方太平洋沖地震の津波により壊滅的な被害を受け、運転のめどが立たなくなりました。

 三鉄

あれから3年、今年20144月に三鉄は、全線運行を再開します。

 

ゆりかもめ

Filed in 電車

都内でも珍し、タイヤのついた電車「ゆりかもめ」


1995年に新橋‐有明間を結ぶ、電車として開業しました。


開業当初は、収益面に不安があるなどと言われてましたが、現在は、お台場にフジテレビがくるなどイベントやレジャーランドなどがあり、順調に収益をあげている様です。

http://www.assuka.com/


ゆりかもめは、乗ると分かりますが、普通の電車とは、ちょっと違います。


まず、音が違います。


これは、通常の電車と違い、レールの上を走っているのではなく、タイヤで走っているからです。


「案内軌条式鉄道」と言う難しい名前がありますが、要は、タイヤで走ってます。


もう一つ、社内の間取りがちょっと違います。


通常であれば、窓際に長椅子があったりするのですが、2人掛け席と窓際の長椅子が混在しております。


多分、社内が狭いので、苦肉の策でこの様にしたのではないかと思いますが、ちょっと座り難いかもです。


路線としては、フジテレビやテレコムセンターなどの会社員の通勤として、ヴィーナスフォートなどの商業施設への買い物、展示会場への足として、色々な人たちが利用する路線です。


途中のレインボーブリッジを通る際は、東京湾がきれいに見えます。


夜などは、イルミネーションもきれいです。


お台場で仕事をしている方には、申し訳ないのですが、ゆりかもめは、どうしても「観光」的な要素が強い電車だと思います。


もう少し料金が安いといいのだが。